スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可能性

どんなにデッキの回転率をあげようとがんばっても終了地点が見えないのは喜ばしいことなのか。
様々なパターンを考えながら【セルフバウンス】の構築に励んでいるところです。

使い勝手のいい《霞の谷の雷神鬼》と《氷結界の虎王 ドゥローレン》の出しやすさに重点を置くデッキタイプと
除去を持つが縛りがある《宇宙砦ゴルガー》に特化させたタイプを考察中。

ゴルガー軸になるとエーリアンをある程度投入しなくてはなりませんが、エーリアン自身に「使いまわして利点のあるカード」が少ないので、アドをとるにはやはり別の種類との兼ね合いが必要。
相手のロックを解除して一方的に除去に回れるのは最高の利点。
本来の利点「カウンターをおくことが出来る」ことにも着目してみようかと思います。


ドゥロ軸だと使い勝手の良い水属性モンスターに悩むところ。
《スノーマンイーター》《魔力吸収球体》《ジェネクス・ウンディーネ》
《水霊使いエリア》《沼地の魔神王》 らが星3でギリギリ有用性のあるカード。一部趣味。


星4チューナーを投入して星2水で有用性のあるのを入れるか。
《霞の谷の戦士》が《ドラグニティ・ブラックスピア》で釣れる星4チューナーとして強い。
ただそれだけなんだけどね。戦士3積みすればいい話だし、そうすれば《ゴッドバード・アタック》も問題なく積める。
問題の水属性で有用性のあるカードが・・・
その点もいろいろ考え中。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://new432.blog111.fc2.com/tb.php/49-cf94f932

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ガスキー

Author:ガスキー
氏名:ガスキー
漫画と遊戯王について書きます。
その他についてもたまに。

カウンター

ツイッター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。