スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる新カード

《シャイニング・アブソーブ》が地味に壊れているような気がしてしょうがないのですが
実際どうなんだろうか。使いにくさが目立つけど攻撃力の上昇具合が相当おかしいと思う。

例えば
相手場
《ライオウ》
自分場
《六武衆の師範》《六武衆-ニサシ》
という自然な状況で相手モンスターを除去。(地割れ地砕きライボル等)

ダメージは
2100+1900=4000
(1400+1900)×2=6600
とオバーキル並みの攻撃力。

六武衆に限らず展開力のあるデッキなら採用しても問題ない気がする。
専用デッキ組んだほうが腐らなくて済みそうだが・・・
光を採用していないデッキに対して使用するとなると、やっぱり《強制転移》くらいか。
《DNA移植手術》というのも考えられるがどうだろうか。


すでにある【リクル転移】デッキなら展開力と事故軽減で採用できそうだが。
今のシンクロ高速化環境では目立たないカードなのか。
使ってみたいカードなんだけどな。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://new432.blog111.fc2.com/tb.php/44-c9fea4d7

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ガスキー

Author:ガスキー
氏名:ガスキー
漫画と遊戯王について書きます。
その他についてもたまに。

カウンター

ツイッター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。