スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキドレギアバレー

モンスター
■鉄板枠
墓守の司令官×2枚
古代の機械巨竜(アンティーク・ギアガジェルドラゴン)×2枚
Sin サイバー・エンド・ドラゴン×3枚
ライオウ×3枚

《ライオウ》はサーチ・《強欲で謙虚な壺》・大型シンクロのいずれかをどれも使用しないデッキはほぼ無いのでどれかに刺さるはずです。最初に召喚したいモンスターです。また、自分にも刺さりやすいので(サーチ多用するため)後で引いたサーチカードが腐る可能性があるため、率先してこれに除去を打たせたほうがやりやすいです。

■調整枠
神獣王バルバロス×3枚

何回調整してもこの枠がどうにも馴染まないのですが、最近はバルバロス3枚でいい気がしてきました。
兎+ラギアのデッキが多くなってきているので、打点が1900~2000だと相打ちとられて数で不利になりがちで、スキドレ下だと3000というだけでもかなり強みになります。
兎ラギア相手だと、本当に《ライオウ》<《神獣王バルバロス》になりがちです。

魔法
■鉄板枠
歯車街(ギア・タウン)×3枚
王家の眠る谷-ネクロバレー×2枚
テラ・フォーミング×3枚
強欲で謙虚な壺×2枚

基本ギミックはタウン・タウンでの上書きがベースです。
天使相手には早めに《王家の眠る谷-ネクロバレー》を張りたいので、タウン・バレーで早めの制圧を心がけています。

■調整枠
王家の生け贄×2枚

マシンナーズ型にしない理由がこれが発動できるから、というのもあります。
暗黒界が息していないようなので割と先行でも割り切って発動しています。

■伏せ対策枠
サイクロン×3枚
大嵐

こんなに入れるかよアホかという意見も聞きますが、入れました。
サイク0だと伏せがわれず、分かっているのに奈落にかからなきゃいけなかったりする場面が多くあるので最低でも2枚はほしいところでした。また天使でも罠型が増えているorサイド《王宮のお触れ》が増えていることもあり、メインサイド合わせて3枚は確実に入れたかったのです。
今回はメインから3枚入れました。
《大嵐》は入れない人も多いですね。自分のメタをわざわざ割る可能性もあるので抵抗がある人が多そうです。
しかし先行でのガン伏せ・《歯車街》共々破壊して一気に攻める などの使い方ができるので、一応入れました。
アド損してもライフを0にして勝てればいいです。


■鉄板枠
ダスト・シュート
スキルドレイン×3枚

《ダスト・シュート》は手札を見て後ろが弱ければ速攻で3000を2体出して殴りに行きます。
《スキルドレイン》はこのデッキの中核ですね。

■伏せ対策枠
魔宮の賄賂×3枚
神の宣告
宮廷のしきたり

《魔宮の賄賂》3枚は強い。今回の大会で役に立たない場面が少なかったです。安心感が違う。
《宮廷のしきたり》は1枚にしました。2枚だと2枚引いたときの絶望感は途方も無いですね。
《サイクロン》にあわせて打つとめっちゃつよいです。

■除去対策
安全地帯×2枚

《サイクロン》《大嵐》が目立つようになっても《宮廷のしきたり》との併用でより強固に。
また、伏せ除去はサイドから、というデッキも少なくは無いので割と発動は通ります。


エクストラデッキ
Dragoon D-END×2枚
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×3枚
サイバー・エンド・ドラゴン×3枚
ジェムナイト・パール
スターダスト・ドラゴン×3枚
ナチュル・エクストリオ×3枚

■長野CSのときのを殆どそのまま使ってます。
正直今回、アルフォートさんとの試合で@ディシグマを出したかった場面があったので、少し後悔しました。
それ以外の試合ではシンクロやエクシーズを出す場面はありませんでした。
各人の遊び心を盛り込める枠だと思います。なんちゃって。


サイドデッキ
スターライト・ロード×3枚
■投入する相手は《大嵐》《ブラック・ホール》をメインで見た相手・BFやグラディアルのような2枚破壊をメインから入れられる相手。
しかし今回の大会1回も発動することはありませんでした。
正直コレを使うよりも《心鎮壷》《盗賊の七つ道具》でとめる場面のほうが多く、そのほうが強かったような。
《魔宮の賄賂》との入れ替えが主だった入れ替え先です。

王虎ワンフー×3枚
■《神獣王バルバロス》との入れ替え。
TG代行天使には決定打になるとおもってます。
他にもラヴァルやジャンドなどの小さい下級で動くタイプには、バルバロスとの入れ替えが一番しっくり来ます。

禁じられた聖槍×2枚
■後攻時《安全地帯》との入れ替えが主です。
《奈落の落とし穴》や《次元幽閉》が見えていたり、相手も《禁じられた聖槍》を入れている場合強いですね。

次元の裂け目×2枚
■先行時2枚、後攻時1枚 TGやリクルがいるデッキが主なメタ対象。
今回はTG代行・スクラップ・TGジェネとかに入れました。
2枚が限界ですね。

心鎮壷(シン・ツェン・フー)×3枚
■前期はメインだったけどさすがに今はメインでは辛いところ。
今期はいないだろうと思っている相手の裏を付いてサイドから入れました。
検討・兎・BFなどのバックが厚いデッキにはめっぽう刺さります。
《宮廷のしきたり》の併用でより強固にしやすく、バックが使えないと戦闘が弱いのが大半なので
より攻撃が通りやすくなった気はします。
今回の試合結構な場面で役立ちました。あと精神的にこのカードがくると安心します。

盗賊の七つ道具×2枚
■上とほぼ同じです。
2枚なのは賄賂とあわせて4枚体制(賄賂2:七つ2)にしていたから。
罠型のデッキ相手だと《魔宮の賄賂》も強いのですが、ドローさせたカードがまた罠だったら辛いです。
その分を《盗賊の七つ道具》で少しカバーすれば、少しは動きやすくなります。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://new432.blog111.fc2.com/tb.php/176-922b7762

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ガスキー

Author:ガスキー
氏名:ガスキー
漫画と遊戯王について書きます。
その他についてもたまに。

カウンター

ツイッター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。