スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BURST杯スギバ モンスター投入論

モンスター
■墓守の司令官
《王家の眠る谷-ネクロバレー》のサーチャー
フィールドサーチャー+フィールドカードの組合せで一番強い。

他フィールドサーチャー達
《アトランティスの戦士》
《E・HERO キャプテン・ゴールド》
《キラーザウルス》
《ジェネラルデーモン》
《天空の使者 ゼラディアス》
《ハーピィ・クィーン》
《ネオスペース・コンダクター》



■神獣王バルバロス
一番微妙で抜く候補に入るよねっていう話をツイッターとかで聞いて
じゃあ抜くかと思ったけど抜いて変わりに入れるモンスターがいなかった。
《スキルドレイン》との組合せをしないと3000にならないなら《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》でも出来るしその方が強いという話も聞きましたがバルバロスにしかないメリットを挙げるなら

1.単純に1900打点となり《ライオウ》含めてメタビラインを6枚投入する
2.攻撃宣言時に《スキルドレイン》で返り討ちに出来る。またそれを警戒させる。
3.いざというときにリリースして場を空ける。(ロックデッキ対策)
4.《サイバー・ドラゴン》に吸収されず、殴り倒せるラインに到達できる。
5.滅多に無いが3体リリースでの破壊効果で場を空けてトドメにする。
総じて役割が重複しているから、という理由でのアウト候補にはなりえなかったのではないかと思います。

ちなみにバルバ3枚を《死霊騎士デスカリバー・ナイト》にして公認大会に突撃したら惨敗しました。
あいつだと場もち最悪で2000ラインに立ち向かえません。

■古代の機械巨竜(アンティーク・ギアガジェルドラゴン)
いかに《奈落の落とし穴》を別のモンスターに使わせてからコイツをSSするかにかかってます。
《スキルドレイン》との併用をなるべく考えながら使用するべきです。

■ライオウ
1戦目の《安全地帯》筆頭候補です。
1900ラインでありながらサーチとSSを止める性能の高さはわざわざ言うまでもないでしょう。

■Sin サイバー・エンド・ドラゴン
3枚は事故るのではないか?という話を聞きますが、私はそうは感じません。
場の枚数はサーチャー・スキルドレインも含めて5+6+3と比較的多いので出せる機会は多々あります。
また4000という打点は滅多に超えられる数値ではなく、モンスター越しにダメージを与えても大体2000弱持っていきます。
警告1発分のライフを奪うこのモンスターはプレッシャー以外の何者でもなく、除去を握っている相手は率先して破壊しに来ると思います。
《サイクロン》や《ハリケーン》に大変弱いので、先に別のカードに使用させるか《魔宮の賄賂》で妨害することを薦めます。
またその攻撃で完全にライフを削りきれる自信が無い限り、相手の除去に防御カウンターを使用することは控えます。
相手が《奈落の落とし穴》《次元幽閉》をつかってくれれば、このモンスターは《サイクロン》と同じ働きをした、と考えます。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://new432.blog111.fc2.com/tb.php/146-7c2c40aa

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ガスキー

Author:ガスキー
氏名:ガスキー
漫画と遊戯王について書きます。
その他についてもたまに。

カウンター

ツイッター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。