スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【聖刻】 2/22

モンスター(21枚)
聖刻龍-ネフテドラゴン
聖刻龍-トフェニドラゴン×3枚
聖刻龍-シユウドラゴン×3枚
聖刻龍-アセトドラゴン×3枚
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×3枚
カードカー・D×3枚
エレキテルドラゴン×2枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(16枚)
大嵐
成金ゴブリン×3枚
召集の聖刻印×3枚
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×2枚
簡易融合(インスタントフュージョン)
ブラック・ホール
サイクロン×3枚

罠(3枚)
王宮のお触れ×3枚


エクストラデッキ
No.25 重装光学撮影機(フルメタル・フォトグライド)フォーカス・フォース
No.61 ヴォルカザウルス
おジャマ・ナイト
セイクリッド・トレミスM7
セイクリッド・プレアデス
ドラゴンに乗るワイバーン
フォトン・ストリーク・バウンサー
始祖の守護者ティラス
迅雷の騎士ガイアドラグーン×3枚
聖刻龍王-アトゥムス×3枚
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス

サイドデッキ
エレクトリック・ワーム×3枚
コアキメイル・ドラゴ×3枚
トラゴエディア×2枚
トラップ・スタン×3枚
増殖するG×3枚
冥府の使者ゴーズ




いわゆるワンキル型ですが、ある程度時間がかかっても根が強く、展開力に長けたデッキジャンルなので1回動き出すとそのまま有利な場を作り出せます。
TG天使・カラクリに似た性質のデッキだな、と思いました。

サイドのカード達

《エレクトリックワーム》
聖刻 ラギア カラクリ の3デッキに対応しています。
特に聖刻の2戦目以降の《コアキメイル・ドラゴ》
ラギアの《エヴォルカイザー・ラギア》・《ヴェルズ・オピオン》を奪いそのままリリースすることができればとても強いです。
カラクリは大量展開後のモンスターの間引きに役立ちます。
入れておいて損はないかな、と思いました。

《コアキメイル・ドラゴ》
光闇のSSメタになりますが、下級のアタッカーとしても優秀です。
自分に刺さることもありますが自らリリースすることで行動できるようになります。
聖刻 IF 
らへんに対応しています(最近光と闇のSSで展開するデッキが減ってきましたね・・・)

《トラゴエディア》《冥府の使者ゴーズ》
ワンキル対策になります。トラゴは相手のモンスターを奪うのにも役立ちます。
《増殖するG》と一緒に投入をするので、引きやすいですし安心感もあります。

スポンサーサイト

スキドレギアバレー 2月11日

最近は死ぬほど卒業論文やらテストやらで忙しかったのでまともにブログを書くということをしてきませんでした。
DOは触るも1月中はほとんど大会にもでれず、過ごしてきた次第です。

そうこうしている間にヴェルズが進撃してきたり、【インゼクター】が環境を支配し、【TG天使】や、TG自体が環境から姿を消しつつあります。このデッキを使い始めてからもうすぐ1年。環境の変化が激しいですね。
ギアバレーとしては、「メタが刺さるが動かれると即死」するデッキと「メタが刺さりにくい上に逆にメタられる」デッキが沸いてきたことが非常にやりにくい環境になりました。(インゼクター/兎ラギア)

もうすぐ3月制限が発表され、また環境が変わることでしょう。
なので今の構築を置いておきます。数週間でまた変わります。

モンスター(13枚)
墓守の司令官×2枚
神獣王バルバロス×3枚
古代の機械巨竜(アンティーク・ギアガジェルドラゴン)×2枚
ライオウ×2枚
Sin スターダスト・ドラゴン
Sin サイバー・エンド・ドラゴン×3枚


魔法(16枚)
大嵐
歯車街(ギア・タウン)×3枚
強欲で謙虚な壺×2枚
王家の眠る谷-ネクロバレー×2枚
王家の生け贄×2枚
テラ・フォーミング×3枚
サイクロン×3枚


罠(11枚)
魔宮の賄賂×3枚
神の宣告
宮廷のしきたり
安全地帯×2枚
ダスト・シュート
スキルドレイン×3枚


エクストラデッキ
CNo.39 希望皇ホープレイ
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
No.39 希望皇ホープ
イビリチュア・メロウガイスト
インヴェルズ・ローチ
キメラテック・フォートレス・ドラゴン×2枚
サイバー・エンド・ドラゴン×3枚
スターダスト・ドラゴン×3枚
聖刻神龍-エネアード
超銀河眼の光子龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)

サイドデッキ
Sin スターダスト・ドラゴン×2枚
サイバー・ドラゴン×2枚
フォッシル・ダイナ パキケファロ×2枚
暗闇を吸い込むマジック・ミラー×2枚
宮廷のしきたり
強制脱出装置×2枚
心鎮壷(シン・ツェン・フー)×2枚
盗賊の七つ道具×2枚



簡単な解説(悩みどころのところ)
①《ライオウ》
3枚抜いて《Sin スターダスト・ドラゴン》を3枚メインから入れていたときがあった。
どうにも「メタしてる!」って感じが出なかったからやめて2枚にした。
インゼクターやら兎やらにはことごとく刺さらないといわれているが、気休めにはなる。
忍者やHEROにはそれなりに抑止できる点があるので、3は無くても2枚。
《Sin スターダスト・ドラゴン》が1枚入ってるのは
1.《王家の眠る谷-ネクロバレー》で蓋をする際に便利
2.ランク8エクシーズが使えるようになっているので(DOでは)試してみたかった。
という点です。蓋をするときはとても便利です。

②《サイクロン》
3枚入ってます。《サイクロン》入れてるデッキは弱いといわれています。
でも無いと落ち着かない。
メインから流行している《デモンズ・チェーン》一部のデッキに入っている《忍法 超変化の術》《マクロコスモス》バレーが無いときに万が一の《リビングデッドの呼び声》《リミット・リバース》相手のフィールド魔法と自分の場の《歯車街》を破壊するためには抜くに抜けない。
《盗賊の七つ道具》でほとんど対処できるといわれても
1.インゼクター相手にバックをなるべく置きたくない
2.伏せてからの1ターンのラグの間にライフを減らされると非常にキツイ
というところでメインの《盗賊の七つ道具》は謙遜。フリーチェーンを止められるのは強いけどサイド。

サイドカード
③パキケファロ
ラギア・オピオンなどの対策。
《スノーマンイーター》と悩み何度か入れ替えてみたんですが、手広くSSを多用するデッキに入れられるところを評価して入れました。メタしてなんぼ。

④《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》《宮廷のしきたり》
1ヶ月前は《マクロコスモス》が入ってて、相性はプレイでカバーするとか舐めたこと言ってスミマセンでした。
メタの対象である【インゼクター】【IF】などが大体暗闇ミラーで対処できるという、メタのダダ被りをしていたのであちらを抜きました。[マクロコスモスでなくてはいけない]と思う相手が、思い当たりませんでした。


簡易更新でしたが以上です。

最近の大会結果だけ

使用デッキは全て【スキドレギアバレー】

非公認大会①
3位

非公認大会②
1次トーナメント
1オチ
2次トーナメント
1オチ

負けたデッキは
兎系デッキ(ラギア軸・ヴェルズ軸)
暗黒界
です。

暗黒界はいい勝負をしたにしろ、兎の、とくにオピオンには手も足も出ないのがどうしようもなかったです。
あの制圧力たるやいなや。
サイドでは間に合わないのでメインから対策カードを入れないと、と思っているところです。
《強制脱出装置》が1番有力なのですが・・・

Pagination

Utility

プロフィール

ガスキー

Author:ガスキー
氏名:ガスキー
漫画と遊戯王について書きます。
その他についてもたまに。

カウンター

ツイッター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。